トリキュラーの効果と安くで購入出来る方法

トリキュラーは、ホルモンバランスを擬似的に薬によって操作分泌パターンを操作させた三相性の低用量ピルです。
低用量ピルとは、卵胞ホルモンと黄体ホルモンを組み合わせたもので、両者のホルモンの働きによって排卵を抑制して避妊の効果を発揮する薬なのです。
このホルモン量ですが、低用量ピルは卵胞ホルモンの量を50μgに抑えたものを低用量、50μgのものを中容量、50μg以上のものを高用量ピルという区別をしているのです。
また、トリキュラーは三相性ですが、2つのホルモンの比率がまったく同じものを一相性ピルと良い服用方法が非常に簡単です。
卵胞ホルモンよりも黄体ホルモンの量を減らしたものを二相性ピルと良い、3つの段階にわけてホルモンの量を変えたものを三相性ピルと言います、三相性ピルは通常のホルモンバランスに近い配合がされているので体にも優しいと言われています。

低用量ピルを使うと、月経周期を自分でコントロールすることが出来ます。
そのため量が多い人や、生理痛がひどい人などは週末に生理がくるように意図的に操作することも可能です。
また、仕事が忙しい人などは忙しい期間を避けて生理がくるようにすることも出来るので便利です。
薬の服用を始めると、今まで生理の期間中は食欲がなくなったり出血量が多くて気分が悪くなっている人もホルモンバランスを整えてくれるので、気分が悪くなったり、出血量を抑えることが出来ます。
生理中の体調の崩れは月経困難症とも呼ばれており、若い女性に多いのが特徴です。

特に生理中の出血量の多さはピルを服用し始めてからは、40%くらいの人が軽減されたと実感出来るほど効果があるようです。
また子宮内膜症の方や、その予備軍の方は子宮内膜症を防いだり、その予防にも役立ちます。
また長期間服用をすると以前はがんを発生させるリスクが増えるのではないかと言われてきましたが、最近の研究結果によると卵巣がんや子宮体がんのリスクを減らすことが出来ると言うことがわかってきました。
そのため長期服用をすると、がんを抑制する働きがあるので、長い間服用をしてもメリットの方が多いのです。
そして閉経後の女性に多いのが、骨粗鬆症になる可能性です。
骨粗鬆症は閉経後の女性がいっきに進行を加速させてしまいますが、これも症状を抑えてくれるのです。

トリキュラーの服用はいいことが多いですが、実際に処方してもらうには産婦人科に行って処方してもらう必要があります。
しかし保険がきかないので、実費で薬を購入することになるのです。
そんな時におすすめなのは、くすりエクスプレスの個人輸入代行業者の利用です。
個人的に海外からの薬の服用を支援してくれるので、国内で同じ商品を購入するよりも安くで購入することが出来ます。

送料はかかりますが、まとめて購入すれば送料分を追加しても安くなります。
海外商品でも薬の成分も内容も同じなので、トリキュラーが体にあうようであれば海外輸入がおすすめです。
ただし注文してから自宅に届くまでは時間がかかるので、少し余裕を持って注文するようにしましょう。