トリキュラーの個人輸入の方法のご紹介

低用量ピルとして高い評価を得ているトリキュラー。
この薬は、現在、日本国内の産婦人科で処方してもらうことが出来ます。
この薬を初めて服用するというような場合には、まずは服用の可否をチェックし、正しい服用方法を理解するために、最初の数回はちゃんと産婦人科の診察を受け、必要な検査を済ませてから処方してもらうのが良いでしょう。
ただし、継続して何度もこの薬を使用するというような場合では、その度に診察料を払って受診しなければならないという手間が、かなり煩わしく感じるようになるという方もいらっしゃることでしょう。

そこで、そういうような方がトリキュラーを手に入れるための選択肢の一つとして、海外医薬品の個人輸入代行サイトの利用をご紹介します。

ところで「海外で売っている医薬品を個人で輸入して使用する」「処方箋がいるはずの医薬品を正規の手続きを経ずに国内の流通経路ではないところから入手する」このように言ってしまうと、一般的な感覚で判断すれば「医薬品の個人輸入」に怪しさと危うさを感じるという方が多いのではないでしょうか?
けれども、たとえば海外では販売承認が下りていて既に使用実績があるのに、日本国内ではまだ未承認で流通していないような医薬品。
このような医薬品が、日本国内に居住している患者の病気の治療上必要になるようなケースなどに備えるために、あくまで個人の使用する範囲内での海外医薬品の輸入に関しては、輸入できる数量に上限値を設けた上で、日本でも国の許可が下りているのです。
また、日本ではまだ未承認の医薬品や、日本国内ではまだ医師の診察と処方箋なしでは入手できないような医薬品でも、実は海外では薬局やドラッグストアなどで市販されていて、処方箋なしで購入できているというケースがかなり多くあります。
実はトリキュラーも、そのように海外では一般的に市販されている医薬品のうちの一つなのです。
ですから、トリキュラーを個人使用の範囲内で個人輸入することには特に問題はない、という訳なのです。
さて、実際の海外医薬品の個人輸入代行サイトのご利用方法ですが、特に難しいということはありません。
海外医薬品の個人輸入を専門に行っている個人輸入代行サイトであれば、ショッピングカートなども用意されていて、通常のネットでのショッピングと同じような感覚で利用することが出来ます。
私の場合は、『表示が見やすくてQ&Aがしっかりしているサイト』『送料無料で配達されるサイト』『外箱に商品名の記載がないサイト』というポイントで選んで、「くすりエクスプレス」というサイトを利用しています。
私自身は特にストレスなく利用が出来ていますから、選択肢の一つとして、お気に留めておかれてみてもよいかと思います。
購入をサイトに申し込んでから配達されるまでは、海外からの輸入ですから、多少の日数がかかります。
商品によって日数の目処は異なる場合がありますので、利用しようと思うサイトに問い合わせをしてみると良いかと思います(問い合わせに対する対応も業者選びの参考ににもなります)。
ところで、私が初めて個人輸入代行サイトを利用して海外医薬品を購入して、実際に手元に薬が届いた時にまず驚いたのは、薬の容器や説明に一切日本語の表記がないことでした。
このような経験上、安全に薬を服用するためにも「トリキュラー添付文書」という検索ワードでネットで検索して、日本語の取扱説明書を入手しておくことをおすすめいたします。
以上が、個人的な経験も含めての海外医薬品の個人輸入代行サイトの利用についてのご紹介となります。
ご参考になれば幸いです。

 

望まない子供を作らない為のサイト

妊娠を回避したい人に利用して欲しいのが、トリキュラーなどの経口避妊薬です。
しかし、使用方法を一つ間違えると、効果がでない場合があるかも知れません。
子供もまだ望んでいないのならば、使用方法を間違えずに服用して欲しいと思います。
このサイト(トリキュラー(避妊ピル) )では、トリキュラーなどの安全な使用方法や避妊についての情報が手に入ります。

triqular189