ピルのトリキュラーも安心安全に個人輸入

健康管理や健康維持などから体質改善にサプリメントや薬に頼ることは多いです。
しかし外国の薬となると日本で認可されていないと医師でも処方できません。
それでも外国の薬に頼らざるを得ない事情の人々もいます。
一例としては外国で診療してもらい処方してもらった薬が日本には無い場合とかです。
そんな特例のために日本では個人の利用に限り薬の個人輸入が許可されています。
しかし輸入するといっても簡単ではないですので、その代行業も国に認可された業者なら可能です。
くすりエクスプレスは日本国外の医薬品の輸入サービス業者です。
個人輸入の注意点や発送や料金に関しても詳しくわかります。
薬の効果や効能や副作用などの解説もあります。
レビューも充実しているので、他人の利用状況や実際の効果などが知れるのは便利です。
国外の薬で日本人も多く利用している物の一つにピルがあります。
ピルという言葉自体は聞いたことがある人は多いでしょう。
元々は錠剤という意味のピルですが、一般的には経口避妊薬のことを指します。
言葉通り錠剤の避妊薬で、正しく服用することで手術や器具の利用と同等の高い効果が得られる手法です。
女性の生殖機能に関連するホルモンを含み、排卵を抑制することで避妊をします。
基本的成分は卵胞ホルモンと黄体ホルモンで、これらは卵巣から分泌されるホルモンです。
本来は卵巣から分泌されるこれらのホルモンですが、そのバランスで妊娠と同じ状況が作られるので排卵が起こりません。
ピルは排卵を抑制しますが、それは不健康な生理不順ではなく、科学的ないわば健康的な排卵抑制です。
副効果として生理周期の安定が望めますので、避妊以外に利用する人も少なくないです。
月経周期の正常化や、出血も少なくなりますので月経痛や月経前症候群などが緩和されます。
子宮外妊娠の頻度も低下しますし、乳房や子宮に起こる疾病やガンなどの発症率も低下します。
クリニックでもこれら改善のために処方している場合もあるようです。
薬なのでもちろん副作用の可能性もあります。
ホルモンを服用するので血液の循環器系に影響が起こる可能性があります。
死亡するリスクはごくわずかではありますが、喫煙の習慣のある人には血栓症や心筋梗塞の可能性が高くなるので注意が必要です。
ピルとは経口避妊薬の総称です。
薬には個々に名前があり同系統の薬でも効果の強さなど違ってきます。
日本で人気のあるピルはトリキュラーという錠剤です。
ドイツが開発を開始し、日本の製薬会社も開発をしていた経緯がある薬です。
トリキュラーは低用量避妊ピルという分類で、身体への負担が軽いのが人気の一つでしょう。
吐き気やむくみ、体重の増加などの副作用が少ないのが特徴です。
他にも色々個人輸入ならではの特徴や使い方もサイトでは分かります。
日本でもすでに認可されているトリキュラーですが、個人輸入で人気があるのはコスト面でしょう。
クリニックで処方する代金と比較してみると、個人輸入で手に入れたピルは格安で、ピルを長期にわたって使用したい場合に嬉しい価格となっています。
飲み忘れた場合には効果が得られずに避妊効果は無くなりますが、1日忘れた場合なら基本的には間に合うようです。
2日忘れた場合には中断してそのシートはもう利用できず、新たな排卵から新たなシートを使わないといけません。
他にも器具による避妊との比較や併用やメリットデメリットもあったりするので、選択肢の幅が増えるのは良いです。