多様な避妊方法の開発と避妊ピルの性能

どんな生物も、子孫を残さなければ、繁栄できず、絶滅してしまいます。
人類も、懸命に子孫を残し、繁栄を成し遂げてきました。
子孫を残すために人類が行ってきた努力には、並々ならぬものがあります。
古代や中世の人々は、できるだけ元気な子供が残せるように、たくさん子供を産みましたし、不妊治療法も、古くから開発されてきたのでした。
さて、こうした子孫繁栄のための努力をする一方で、人類は避妊の方法も、数多く開発してきました。
現代と同じように、経済的な事情などにより、たくさんの子供を育てられない家庭は古代や中世時代にもありましたし、妊娠の心配をすることなく、セックスを楽しみたいという欲求も、昔からあったのです。
避妊のための技術は、現代に至るまで開発され続けました。
そのおかげで、現代人が利用できる避妊方法は、数多くあります。
例えば、基礎体温から自分の月経周期を推測し、危険日のセックスを避ける、基礎体温法や、コンドームを着用して子宮への精子の侵入を阻む方法などは、避妊方法としてメジャーなものです。
このほかにも、ペッサリーという膜状のゴム製器具を膣の中に装着し、妊娠を防ぐペッサリー挿入法や、セックスの直前に、殺精子剤を膣内に挿入しておくことで妊娠を防ぐ方法なども、よく知られた避妊方法となっています。
こうした数々の避妊方法がある中で、より完璧に近い避妊を実現できる方法があります。
それが、トリキュラーという医薬品を使った避妊方法です。
避妊ピルの代表と言われているこのトリキュラーは、黄体ホルモンと卵胞ホルモンを主成分にしています。
通常、この二つの女性ホルモンは、女性の体内で生成され、排卵を促す役割を持っているのですが、この女性ホルモンを医薬品によって摂取すると、脳がすでにホルモンの分泌を行ったと勘違いして、新たにホルモンを分泌するのをやめてしまいます。
つまり、脳を騙すことによって、排卵を防ぎ、妊娠しない状態をつくるのが、トリキュラーの効力なのです。
トリキュラーは、月経初日から欠かさず21日間きちんと飲み続けることで、避妊効果を発揮します。
そして、21日間飲み続けたら7日間服用をやめ、また21日間飲み続ける、というスケジュールを続けることで、長期間に亘って、100%近い避妊効果を持続させることができます。
このように、トリキュラーは、とても高い避妊効果を持っているですが、ドラッグストアなどでは手に入れられません。
また、産婦人科などのクリニックに行けば、処方してもらえるのですが、診察代がかかってしまうために、購入費用が高くなってしまいます。
そこで、くすりエクスプレスのような個人輸入代行業者を利用すれば、リーズナブルに、この避妊ピルを入手することができます。
くすりエクスプレスは、送料無料なうえに、まとめ買いによる割引システムを備えているので、上手く利用すれば、かなり安い価格でトリキュラーを入手できるのです。
しかも、個人輸入代行業者での医薬品購入に、医師の処方箋は不要です。
現代人は、100%近い避妊効果をもつ医薬品を開発しました。
そして、誰しもが、その医薬品を気軽に入手し、妊娠の心配をすることなく、セックスを楽しめるようになっています。