避妊対策をするならくすりエクスプレス

一昔前では避妊対策と言えばセックスを行う前に男性がコンドームを用意するか、ラブホテル側の配慮で用意されているコンドームを使うというシンプルなものでした。
しかし男性によっては、セックスする対象の女性が、生理が来ているから今日はセックスしても大丈夫という言葉を信じてコンドームすらしないケースもある様です。
何故なら、生理が来ていると思っていてもそれが本当に生理による出血なのか、それとも排卵日が来ていた出血なのかは、目で見ただけではわかる筈もありませんから、別の避妊対策も講じておかなければ、望まない妊娠をしてしまい兼ねません。
中にはアダルトビデオに登場するAV男優の様に、膣外射精をする自信があるから自分にはコンドームなど必要無いという誤った認識をする男性もいる様ですが、膣内に精液が少しでも残っていれば妊娠する可能性はゼロでは無いので、考えを改めるべきでしょう。
昨今ではそれにも増して多いのは、避妊しなくても自分達だけは妊娠しない自信がある等という根拠の無い若者や、コンドームを付けないでセックスをした方が気持ちが良いとか、果てはコンドームを買いに行くのが面倒であるという単純な理由から、避妊対策をしない例もある様です。

この様な事で例え妊娠が回避出来たとしても、それはたまたま妊娠しなかっただけで、次に妊娠しないとは限りません。
若い年代では以上の様な知識不足が見られますが、年齢がやや上の世代になると妊娠するという事がどれほど重大であり、敏感になっている女性が多くなっている模様です。
これから紹介する、医薬品の個人輸入代行業者であるくすりエクスプレスで発売されている、トリキュラーという女性専用の低容量ビルを服薬は避妊対策には効果的ですが、併せて女性専用のコンドームも利用すると更に、安心してセックスを楽しめるでしょう。
さてトリキュラーという女性用低用量ピルには、薬名の末に21と付くタイプと28と付くタイプがあります。
どの様に異なるか調べてみると、前者の21が付くタイプは全てが医薬的効果のある薬ですが、対して後者の28が付くタイプには医薬的効果のある21錠に加えて、偽薬と呼ばれる7錠が含まれているのです。
何故、偽薬を用意する必要があるのかという疑問が湧くかも知れませんが、飲み忘れを防ぐための工夫なのです。
つまり、末尾に21が付くタイプは21日間、決められた薬を服薬したら7日間は薬を飲まない日を設ける必要があります。

末尾に28が付くタイプの場合には、同じように21日間決められた薬を服薬したら、効き目の無い偽薬を7日間を意図的に飲む事で、毎日服薬する習慣付けを行う事が可能になるという訳です。
ですから、何らかの方法で薬を飲むスケジューリングが出来れば、トリキュラー21でも良いかも知れません。

また、このトリキュラーという薬は、一般の薬とは変わっていて毎日同じ薬を服薬すれば良いという訳では無く、初日から6日目までは赤褐色の薬を飲み、7日から11日目までは白色の薬を飲みます。
そして、末尾に21が付くタイプの場合は、12日目から最後の21日目までは淡い黄褐色の薬を飲み1クルーが終了となりますが、末尾が28の場合には7日間の偽薬を服薬する事になるのです。
29日目からは新しいパッケージが必要になりますから、くすりエクスプレスから購入する場合は、余裕を持って注文すると安心出来ます。